ロリ顔パイパン娘

ロシアから来たロリ顔パイパン娘と遊んだ時の体験談です。

渋谷に立ち寄ったときに渋谷 デリヘルで目に付いたサイトを見ていたら、何とも魅力的なお店を見つけました。

比較的信用のおける北欧美女専門デリヘルにて、新人として紹介されていた彼女を指名

年齢は21歳

T:157 B:86(C) W:59 H:89

とPRされており、実際にあってみると、ほぼそのとおりでした。

年齢はさばを読まれる事がありますが、どうやら実年齢のようです。

身分証の代わりになるIDカードのようなものを見せられてそこにはロシア語で21歳と明記されているように見えました。

実年齢が高くても、見た目と肌の触感が二十歳の娘のようにも思えたので、私は全然納得できました。

綺麗なウェストラインは、見事なくびれを作り出しており程よい大きさのおっぱいは、非常に柔らかく、まさにマシュマロボディといっても過言ではありませんでした。

こんなおっぱいは、先日行った立川 風俗の女の子以上でした。

彼女のセックススタイルは、攻めて攻められみたいなノリが好きみたいで最初のほうは、私が寝て、彼女に四つんばいで上にまたがってもらうような形から入りました。

彼女に上からキスをしてもらいつつ、両手で乳房を愛撫します。

柔らかくて触ってて、とても気持ちの良い乳房は、いつまでも離したくないという衝動に駆られてしまいました。

乳房をもみ続けていると、乳首がこりこりしているのがわかりました。

そこで、彼女には乳房を私の顔の前に来るようにして、脚を思いっきり広げて四つんばいになってもらいました。

この体勢が取れる女の子は大抵、五反田 風俗求人をいて風俗のお仕事を始めた子に多いいのです。

そして、広げた足に手を伸ばして、クリトリス周辺から膣の辺りを指でまさぐるようにして愛撫します。

愛液もいい感じで出ており、伸ばした手の指を愛液でぬらしてから、クリトリスの頭をつまむようにして刺激します。

乳首とクリを両方攻められ、快感の坩堝への落ちた彼女は、下半身の力が抜けたようで脚を広げたまま、ペタンと座り込むような姿勢をとります。

そのポジションが、指で膣を愛撫するのにちょうど良い高さとなり、クリへの愛撫から膣内の刺激へと愛撫する方法を変えてみました。

どうやら膣の中のほうが感じるみたいで、刺激を強くするたびに、悶え狂い、ついにはオシッコを漏らしたかのような量の潮を勢い良く噴出したのです。

そして、性的興奮がピークに達すると、彼女は私の顔の上にまたがるようにして自分の陰部を私の口に押し付けてきました。

すでに愛液でべちょべちょになっているアソコを丁寧に舌でふき取るように舐めてあげるとふき取った倍の量の愛液が奥から滴り落ちてきました。

時折、舌を尖らせて、膣の入り口付近を刺激すると、またもや潮を吹き始めました。

何度もオーガズムに達した彼女は、暫くの余韻に浸った後、私のペニスを口の中一杯に咥え、口の中で巧みに舌を使い、私を数分で射精までもって行きました。

彼女曰く、このテクニックは昔、吉祥寺 風俗求人を見て行ったお店で仕込まれたそうです。